<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
規制産業のぬるさ
以下、引用-------

フジテレビは29日、同社の鈴木哲夫前報道局長(54)が3年間にわたり会合費を不正請求し、計約913万円を私的に流用したとして、同日付で鈴木前局長を懲戒解雇、報道担当の小櫃真佐己常務を減俸3カ月とする処分を発表した。

 鈴木前局長の不正は東京国税局の税務調査で発覚した。同社は2006年3月期までの3年間で、仮装・隠ぺい行為を伴う所得隠し約2億円を含め、総額約7億1000万円の申告漏れを指摘された。追徴課税(更正処分)は重加算税を含め、計約2億3000万円で、同社は全額納付している。
------------------

参考文献: NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070629AT1G2902129062007.html

[PR]
by besttseb99 | 2007-06-30 00:09 | Business
memo
以下,引用------------

5月の米個人消費、0.5%増・8カ月連続で前月比プラス
 【ワシントン支局】米商務省が29日に発表した5月の米個人消費支出(季節調整済み)は年率換算で9兆7475億ドルとなり、前月から0.5%増えた。事前の市場予想(0.7%増)を下回ったが、8カ月連続で前月比プラスとなった。

 内訳をみると、食料や衣料などの非耐久財が前月から1.4%増えたほか、自動車や家電製品などの耐久財も0.4%増、全体の6割を占める外食や旅行などサービス支出も0.1%増えた。

 個人所得は11兆4566億ドルとなり、前月から0.4%増えた。税金などの支払いを除いた可処分所得も0.4%増え、いずれも2カ月ぶりに前月比プラスに転じた。貯蓄率はマイナス1.4%で、06年8月(マイナス1.5%)ぶりの低水準。前月からは0.2ポイント低下した。

 物価動向を表す個人消費支出(PCE)の食品とエネルギーを除いたコア指数は前年同月から1.9%上昇し、04年2月(1.8%上昇)ぶりの低さとなった。上昇率は3カ月連続で低下しており、米連邦準備理事会(FRB)が適当とする1―2%の範囲内に収まった。
-----------------------


参考文献: NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070629AT3K2900P29062007.html

[PR]
by besttseb99 | 2007-06-30 00:01 | Memo
What I've Done
good music.

d0114368_1939153.jpg


LINKIN PARK
What I've Done


参考文献:
http://linkinpark.com/

[PR]
by besttseb99 | 2007-06-18 19:37 | Music
三公社五現業
以下、引用---------------

三公社五現業(さんこうしゃごげんぎょう)とは、公共企業体労働関係法、公共企業体等労働関係法、国営企業労働関係法、国営企業及び特定独立行政法人の労働関係に関する法律あるいは特定独立行政法人等の労働関係に関する法律(昭和23年法律第257号)の適用を受けていたか、あるいは現在も受けている公共企業体及び国の経営する企業の総称である。

公共企業体(三公社)は事業が全て特殊会社に移り、国の経営する企業(五現業)は国有林野事業を除き独立行政法人及び日本郵政公社に移管された。国の経営する企業から事業を移管された法人の内、現行の特定独立行政法人等の労働関係に関する法律の適用を受けるものは、特定独立行政法人である独立行政法人国立印刷局及び独立行政法人造幣局、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)並びに国有林野事業を行う国の経営する企業(林野庁)及び日本郵政公社である。ただし、アルコールに関しては専売が廃止され許可制になったため、2006年4月1日、NEDOが保有していたアルコール事業はすべて新設の特殊企業、日本アルコール産業株式会社に移管された。


[編集] 公共企業体
日本国有鉄道 → 日本国有鉄道清算事業団(1998年10月22日解散)に移行 (鉄道事業は1987年4月1日にJRグループに移行)
日本電信電話公社 → 1985年4月1日解散 (機能は日本電信電話(NTTグループ)に移行)
日本専売公社 → 1985年4月1日解散 (機能は日本たばこ産業(JT)に移行)

[編集] 国の経営する企業(附帯する事業を含む)
郵便、郵便貯金、郵便為替、郵便振替及び簡易生命保険の事業 → 日本郵政公社に移管 (2007年10月には日本郵政株式会社に移行予定)
国有林野事業(国有林野事業特別会計において事務を取り扱う治山事業を含む。)
日本銀行券、紙幣、国債、印紙、郵便切手、郵便はがき等の印刷の事業(これに必要な用紙類の製造並びに官報、法令全書等の編集、製造及び発行の事業を含む。) → 独立行政法人国立印刷局に移管
造幣事業(賞はい等の製造の事業を含む。) → 独立行政法人造幣局に移管
アルコール専売事業 → 新エネルギー総合開発機構(現:独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)に移管
註: 郵便、郵便貯金、郵便為替、郵便振替及び簡易生命保険の事業の括弧内に掲げられた事業は下記の通り。
郵便、郵便貯金、郵便為替、郵便振替及び簡易生命保険の事業(これらの事業を行う官署が行う、地方公共団体の特定の事務の郵政官署における取扱いに関する法律(平成十三年法律第百二十号)第二条第一項の規定に基づき取り扱う地方公共団体の事務に関する業務その他地方公共団体から委託された業務、東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社、日本放送協会、国民生活金融公庫、沖縄振興開発金融公庫又は国家公務員共済組合連合会から委託された業務及び電気通信事業法(昭和五十九年法律第八十六号)附則第五条第一項に規定する国際電信電話株式会社から委託された電報の取扱いに関する業務、印紙の売りさばきに関する業務、年金及び恩給の支払その他の国庫金の受入れ払渡しに関する業務、国債、地方債又は政府が元本の償還及び利息の支払について保証している社債その他の債券の募集の取扱い、証券の保護預り、社債等の振替に関する法律(平成十三年法律第七十五号)第二条第四項の口座管理機関として行う振替業に係る取扱い及び元利金の支払に関する業務、本邦通貨と外国通貨の両替並びに本邦通貨を対価とする旅行小切手の受託販売及び買取りに関する業務、郵便貯金及び預金等の受払事務の委託及び受託に関する法律(平成十年法律第七十八号)第四条第一項の規定により同法第二条第一項の金融機関から委託された金銭の受入れ又は払渡し等に関する業務、当せん金付証票法(昭和二十三年法律第百四十四号)第六条第五項に規定する受託銀行等から再委託された当せん金付証票の売りさばき及び当せん金品の支払又は交付に関する業務、郵政官署における原動機付自転車等責任保険募集の取扱いに関する法律(平成十二年法律第六十九号)第二条第一項の規定により同項の損害保険会社等から委託された原動機付自転車等責任保険募集に関する業務並びに確定拠出年金法(平成十三年法律第八十八号)第六十一条第一項の規定により国民年金基金連合会から委託された業務及び同法第百九条第一項の規定による確定拠出年金運営管理業を含む。)
---------------
 年金問題.話はデータ一貫性の問題.「人間がやるんだから、ミスもあります。」だってさ。ぬるいなぁ。
 人間がやってミスが生じることを前提にシステムを開発するのがプロ。おそらく、このシステム開発をしたのは現NTT.まぁこのシステムが発足したのが1950年代って参考文献中で言われてたが、現代ではこんなことが生じるデータベースや、入力システム(参考文献中ではアルバイターが漢字をよめないうんぬん。。)はもはやありえない。(原子力発電所のシステム開発で、人間がやるんだから、ミスもありますっていって、原発事故起こすのかよ。)
 こういうの見ると、年金を当てに公務員なんてありえないな。国を当てにする時代じゃないな。自分でキャリア設計し、自分で老後も管理する。これが常識。

----別視点からの議論----
本質的というか、原始的というか、議論のすり替えというか、ずれてるというか。
 要するにエントロピーの問題。熱力学第二法則の問題(byアインシュタイン)。現代の科学をもってしても熱力学第二法則を破ることはできない。熱は自然に拡散する。しかし自然に拡散した熱が元に戻る(凝縮?)ことは絶対にありえない。エントロピーは増加するしかない。例え、熱を凝縮できたとしても、それは自然ではなく、何か別の力をもってして行っている。つまり余分にエネルギーを消費している。凝縮するために余分にエネルギーを使っているので、それは熱が自然に拡散するときと同等ではない。(熱が拡散するときは他から余分なエネルギーを消費していない!)
 この問題は熱だけでなく、お金、環境問題等、様々な分野で生じている。例えば、今一万円があったとしよう。これを一万円札ではなく、一円玉でもっているとする(一円玉が一万個)しかし、そんなものは誰も用いないし、不便である。(散らかったものは使えない。それを使うのに一万円以上の労力が必要となる.一円玉が1gとしたら,一万円は1万g=10kg.常に財布に10kgがある。。。耐えられるだろうか)。リサイクルも同じ。ゴミをリサイクルすると、必ずそれ以上のゴミが作られてしまう。(何もしないよりはましだが)上記の年金問題だってそう。
 増加し、散らばり、取り扱いにくくなってしまったデータ群についてのデータ一貫性の問題。もはやアインシュタインにすれば、それは当然の話。しかし、現代はそこで終わってはいけない。技術をもってデータ一貫性を保持しなくてはならない。(ここに科学のジレンマを垣間見ることができる。)
----------

 しかし、討論してる後ろにすわってるメインキャスター?って。。何か虚しいなぁ。別にあれは人間じゃなくてもいいんじゃね。NPCでいいよNPCで。

参考文献:
・YouTube 2007/6/17 サンデープロジェクト 年金問題 長妻昭 vs 大村秀章
http://www.youtube.com/watch?v=FxqOVAUJXmU&NR=1
・Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%85%AC%E7%A4%BE%E4%BA%94%E7%8F%BE%E6%A5%AD

[PR]
by besttseb99 | 2007-06-18 14:47 | Life
Internet Explorer 7
に更新してみた!

何かIEの中にIEが再帰的に作成できていい感じ!
まだあまり機能を理解してないけど。

↓こんな感じ

d0114368_22271466.jpg


↓こんな感じで一つのIEのwindowの中に複数のIEプロセスが存在(再帰的?)
d0114368_22281821.jpg


しかしIEの乱立ウイルスってあるよね、あれがIE7になるとどうなるのか。IEの中にIEが無限に乱立・・・。しかし所詮一つのIEプロセスの内部の話?そうであるなら、IE7は結構よさげ。
[PR]
by besttseb99 | 2007-06-17 22:28 | Life
温暖化
以下、引用-----------------------

温暖化ガスの排出権、1000万円から販売・三井住友銀
 三井住友銀行は温暖化ガス排出権を海外で調達し、国内企業へ仲介するビジネスを始める。排出権を購入したい企業と金銭信託契約を結んだうえで、途上国企業から排出権を取得して委託者に配分する。企業の購入額を最低1000万円と小口化し、非製造業や中小企業などの需要に応じる。

 第1弾として週内に森トラスト、三井住友銀リース、三井住友カードの3社と信託契約を結ぶ。木材加工の過程で排出されるおがくずなどの残留物で発電し、温暖化ガスの排出を抑えているブラジルの電力会社から、まず三井住友銀が排出権を手当てする。3社合計の購入額は数千万円で、1万トン弱(二酸化炭素換算)の排出権を調達する予定。三井住友銀は排出権の取得に関する業務を代行する
------------------------------
温暖化ガスの排出権までbusiness対象に。先進国は国内での実質的な温暖化対策を行っていない実態。数値上の処理だけ。しかし、財閥はやることが違う。

参考文献:NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070617AT2C1601O16062007.html

[PR]
by besttseb99 | 2007-06-17 14:16 | Business
命-思い-願い
以下引用---------

赤ちゃんポストの運用開始、熊本の慈恵病院
 熊本市の慈恵病院は10日正午、養育が困難な親から新生児を匿名で受け入れる「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)の運用を始めた。昨年11月の構想発表から半年。「命を救う最終手段」「子捨てを助長する」と賛否両論の中、本格的なものとしては国内初となる取り組みが、静かに動きだした。

 この日は病院1階の新生児相談室に設置された「ポスト」の縦50センチ、横60センチの扉のロックが解除され、外部から開けることが可能に。

 慈恵病院の蓮田太二理事長は「うれしい半面、緊張している。困っている方が相談できる窓口という、大きなシンボルマークになってほしい」と強調。賛否については「それぞれの考え方があっていいが、命を助けるのが一番。理解が深まるようにと思い、やってきた」と話した。

 病院にはこの日朝から、妊娠に関する相談や悩み、設置に対する意見などの電話がひっきりなしにかかっているという。


赤ちゃんポストに乳児、熊本の慈恵病院で2例目
 熊本市の慈恵病院(蓮田太二理事長)が5月に設置した「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)に今月12日午後、新たに男の子の乳児が預けられていたことが16日、関係者の話で分かった。運用初日の先月10日にも3歳ぐらいの男児が預けられており、今回で2人目。病院側は熊本県警や児童相談所など関係機関に通報した。

 設置から1カ月余りで二度も子どもが預けられる事態は、行政や医療機関に妊娠や育児に関する知識の啓蒙(けいもう)活動や相談体制の一層の充実を迫ることになりそうだ。

 県警は乳児が預けられた状況が保護責任者遺棄罪に当たるような危険な状況ではなかったと判断、親の刑事責任は問わない方針。

 関係者の話などによると、男児は今月12日午後8時ごろに預けられた。身長や体重などから生後2、3カ月前後とみられる。目立った外傷はなく、健康状態に大きな問題はないもよう。親が書いたとみられる手紙が添えられていたという。

------------------

背景がよくわからないが、どうやら育児困難な赤ちゃんを病院側が預かるというシステムが始動しているようだ。

日本人の三大義務:納税、教育、労働(だったかな?)。もはやこの義務も古くなりつつあるのかもしれない。大きな問題の含んでいるこの記事。今後注目だ。

参考文献: NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070616AT5C1601O16062007.html

[PR]
by besttseb99 | 2007-06-16 23:39 | Life
C review1
以下、引用---------------------


#include

int main()
{
int *po , var;
var = 100;
po = &var;

*po = 1010;
printf("変数varの値 = %d" , var);

return 0;
}

このプログラムを見ると、一見変数varには最初に100を代入しただけのように思えます
しかし、結果は 1010 出力されます
これは、変数varのアドレスを格納しているポインタ変数poから間接参照によって上書きされたためです

*po = 1010

ここで*poはアドレスの内容を表しています
つまり変数varの内容と同じですね。これに1010が代入されたために結果が1010になったのです

この程度のプログラムでは、何のためのポインタなのか理解できないかもしれませんが
今後、関数や構造体を使った高度なCプログラムに移ってくると、ポインタの役割が理解できるようになります


ポインタ変数にもデータ型が存在します
char型の変数のアドレスはchar型のポインタに、int型の変数のアドレスはint型のポインタに代入していました
Cコンパイラはデータ型を使ってポインタの指す変数が何バイトであるかを調べます
これは間接参照による代入や比較をするときに、何バイトコピーしたり比較したりするかを知るためです
このため、特殊なケースを除いて型の異なるポインタ変数にアドレスを代入 したりすることはありません

#include

int main()
{
char *po;
int var1 , var2;

var1 = 1028;
po = &var1; /*char型のポインタにint型の変数のアドレスを代入*/
var2 = *po; /*ここで間違った値がコピーされる*/

printf("%d", var2);
return 0;
}

またまたビットレベルのお話ですが
1028は2進数では 10 0000 0100 です
しかし、ポインタがchar型なので間接参照では8ビットまでしかコピーされません
ということは 0000 0100 すなわち10進数の4です
はい、予想どうり上のプログラムを実行すると4が出力されます
ポインタ変数が指すアドレスは確かにvar1ですが、データ型が1バイトのために1バイトまでしかコピーされません


#include

int main()
{
int ary[2] = { 1000 , 2000 };
int *po;

po = &ary[0];
printf("po\t = %x\n" , po);
po++;
printf("po++\t = %x\n" , po);
printf("*po++\t = %d" , *po);

return 0;
}

環境で出力される結果はばらばらですが
たとえば、このときpoに代入されたメモリアドレスが10fd00だとしましょう
すると次のような結果になります
po= 10fd00
po++= 10fd04
*po++= 2000
普通インクリメントされたことを考えると1加算されて 10fd01 になるように思えます
しかし、ポインタのデータ型がintなので整数は4バイト(環境で異なる)の長さとして処理されます
つまり配列の要素が4バイトごとに並んでいるので、1加算するとポインタの値もも4バイト増えるのです

これはデクリメントでも同じことが言え、当然floatやdoubleならば、そのバイト長に合わせてポインタの値が変化します
char型の場合は1バイトなので、この場合は通常の値のように加減算されますけどね☆

もう一つ注意ですが、間接参照でインクリメントする場合には注意が必要です

*po++

とやると、多くの人の期待に反した結果が得られると思われます
このときは、アドレスが指す変数ではなくポインタの値がインクリメントされてアドレスを参照されます
結果的に *po++ だけではポインタが格納している値をインクリメントしたが、参照する意味がないので処理系によっては警告が出ます
(代入文の場合、=よりインクリメントの方が優先度が低いので結局意味をもちません)

もし、間接参照でアドレスの変数の内容に対してインクリメントやデクリメントしたい場合は以下のようにします

(*po)++;

これでポインタ変数poが指す値がインクリメントされます

-----------------------
赤坂氏のHPはとてもわかりやすくまとめられており、C言語の復習にはもってこいです。

参考文献:
上記の引用文章の著作権は赤坂玲音氏にあります。
赤坂玲音氏のメールアドレス third@fine.ocn.ne.jp
赤坂 玲音氏のメインHPのURL: http://wisdom.sakura.ne.jp/
上記文章のHPのURL:http://wisdom.sakura.ne.jp/programming/c/c20.html

[PR]
by besttseb99 | 2007-06-08 15:24 | Study
岡田了一郎(駿台予備校)
以下、引用------

・主に、「センター地理B」を担当する。手作りのプリントは手のこんだもので、テクニック~理論の説明まで、自他共に認める「いたれりつくせり」のプリント。しかし、そのすばらしさからか、そのプリントがしばしばネットオークションに出品されるなどしている。
・授業は半分が雑談で構成されている。しかし、その雑談は授業内容とうまくからめたものが多く、授業内容を生徒の印象に残らせるような配慮がいたるところに見られる。
・「常識」があれば解けるような指導をするため、彼の授業を受けるだけで「センター地理B」の点数がとれるようになる生徒もいる。
・また、授業ではギャグが非常に多い。うける(生徒が笑う)確率は半分ほどで、「数打ちゃあ当たる」ように、ギャグを頻発する。彼のギャグのファンは多く、彼のギャグのファンである生徒は彼がギャグを言うごとに爆笑している。また、自分でノリツッコミをするなど、芸人顔負けの技術を持っている。
・「先生はゆった(言った)じゃないかぁ!」「先生はゆうた!(言った)」などと生徒の物まねをしながら、問題の解説の途中によくある間違いなどを指摘する。どこまでも隙がない。
・駿台予備学校のほかにも、中学生指導の高校受験専門の塾でも指導している。
・生徒の質問には親身になって答えるため、授業終了後、質問するべき問題を用意した生徒が、夜遅くまで長蛇の列を成している。
・毎日二時間以上は家でニュースを見るため、「時事問題」を完璧に把握している。そしてそれを授業で言うため、彼の授業を受けるだけで世界で何が起こっているのかが分かる。彼は生徒に対してニュースを見る事を薦めている。ニュース以外に薦める番組は「世界ふしぎ発見」だけである。
・世界のありとあらゆることを知っている。彼こそ「歩く百科事典」といえるほどの博学者。
・五色(以上)の色ペンでプリントを色分けするように指示する。主にプリントの太線や、枠を塗らせる。「その色を塗った場所さえ確認すれば、点数を取れるようになる」と、彼は言う。また、実際にそうである。
・「キムチ理論」などといったオリジナルの指導方法は画期的で、悩めるセンター地理B生徒にとっては神様のような存在である。
・プロフィールや経歴など、多くは不明であり、ただわかっていることは、血液型がAB型であるということくらいだ。


口癖とギャグの一覧
「手ぇ、置く」
→蛍光ペンでプリントに色を塗らせた後に言う言葉。毎回言う。

「くぅぅぅぅぅぅぅ」
→何か問題が発生したり、妙な間をもたせる時にうめき声のような声を出す。結構笑いを誘う。

「はい、というので~/はい、ということで~」
→頻発。

「ええかげんにせぇ!とかいってはい」
「なんなんだそれ!」
「40点!やった!!」
「うわぁおおぉぉ」
「なんでそうなるんだ!」
「はい、線引いてってゆうてないのに(線を引いてと言っていないのに)線引いた人、ゲーム脳!!」
「めぇチョロチョロしてる人、線を引いてるところだけ行っております、いたれりつくせりや」
「教え子がね ゆうてたわ」
「『先生はいったじゃないか!』」
「(ギャグを数回繰り返した後)誰か止めて」
「ぁ コッココ ココナッツ♪プゥ~」
「ヤマテェマミデテゥ(山瀬まみです)」
→「やませ」のところで必ず出てくる。したがって聞けるのは年に数度。

「くぅぅパァーーン」
「ヨーロッパアジア・・・ヨーロッパジア・・・ユラッパジア・・・ユーラシア。また先生そんなこと言うて、ってほんまですよ!」
→ユーラシア大陸の命名エピソードの際。

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E7%94%B0%E4%BA%86%E4%B8%80%E9%83%8E" より作成

------------------
 毎日、疲れるこの時間に癒された。受験時代を思い出した。この岡田ティーチャーにはとてもお世話になった。毎時間、岡田先生の話は楽しくて、僕も爆笑していた人の一人だった。キムチの話と「先生はゆったじゃないか。」なんて久々に思い出した。毎回、しゃべりすぎて汗だくになるので、ポケットからハンカチーフをとりだして顔を拭く。拭き終わった後はハンカチーフを教卓にたたきつけるあの仕草にいつもクスクスわらってたなぁ。こんな人になりたいなぁって思う。そういえば、部屋は紙だらけでちらかってるとかいってたなぁ。上の口癖とか超ウケル。誰だよ、
こんなにリアルにwikipediaに載せてるの。

今、何してんだろう。調べてみると、今もバリバリ現役みたい。

d0114368_113404.jpg


参考文献:
http://www.sundai.ac.jp/yobi/highschool/satenet/subwindow/cen_chire_03.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E7%94%B0%E4%BA%86%E4%B8%80%E9%83%8E

[PR]
by besttseb99 | 2007-06-02 01:07 | Study