<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
world
In this world, everything isn't necessarily as it seems.
[PR]
by besttseb99 | 2007-10-30 14:06 | Life
Simple Plan - When I'm With You
I wanna feel the way you make me feel
When I'm with you
I wanna be the only hand
You need to hold on to
But every time I call You don't have time
I guess I'll never get to call you mine
[PR]
by besttseb99 | 2007-10-27 17:24 | Music
Spirit
What is important i alway what is next.

What you do. What you leave
[PR]
by besttseb99 | 2007-10-23 21:16 | Life
千葉大学
以下、引用-------
千葉大2年生を「天才プログラマー」に認定・IPA

経済産業省所管の独立行政法人・情報処理推進機構(IPA、東京・文京)は23日、千葉大理学部2年の上野康平さん(18)を「天才プログラマー/スーパークリエータ」に認定したと発表した。2000年度に始まった同制度で最年少の認定。

 上野さんは数理科学の分野で優れた才能を持つ高校2年生を対象に導入された「飛び入学制度」で千葉大に入学している。大型コンピューターでなければ作成できなかった精密な三次元画像を、安価なパソコンで処理するソフトを開発し、その独創性と技術力が評価された。

 認定評価を担当した竹内郁雄・東京大学大学院教授は「三次元画像を多用するオンラインゲームなどの作製コストを大幅に下げる可能性を秘めており、日本の競争力強化につながる」と話している。
------------------
飛び級で有名な千葉大。MITとか毎年行っている人もいるとか。。一部の天才の存在を再認識させられた。。。
参考文献: NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20071023AT1G2301Z23102007.html

[PR]
by besttseb99 | 2007-10-23 19:08 | Memo
Second Life
以下、引用-------

セカンドライフに研究所・東京海上日動、国内保険会社で初
 東京海上日動火災保険はインターネット上の仮想空間サービス「セカンドライフ」内に研究所を設立した。国内の保険会社でセカンドライフに参加するのは初めて。9日にオープンし、12月から本格的に業務を始める。

------------------

参考文献: NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20071008AT2C0104O08102007.html

[PR]
by besttseb99 | 2007-10-09 01:25 | Memo
Microsoft
以下、引用-------

米マイクロソフト、ゲーム機向け主力ソフトの開発部隊を分社
 米マイクロソフト(MS)は5日、自社の家庭用ゲーム機向け主力ソフト「ヘイロー」の開発部隊を分離し独立会社にすると発表した。シューティングゲームのヘイローは9月末に発売した最新作が1週間で3億ドルを売り上げるなど、MSのゲーム事業の要。独立後も協力関係を保つとしているが、事業戦略に微妙な影響を与えそうだ。

 独立するのはMSが2000年に買収したバンジー・ソフトウェア・プロダクツの開発者で100人強。手続きの詳細は不明だが、MSは少数株主として資本関係を維持し、ヘイローの独占供給を受けるもよう。ただ将来はバンジーがMS以外のゲーム機用にソフトを開発する可能性も出てきた。

 バンジー独立の背景については、「開発者が自由な開発環境を求め、巨大企業の傘下から離れたがっている」(アナリスト)との指摘が目立つ。MSによる管理を嫌う開発者が流出する事態となればソフト開発にも支障が出るとみて、MSが譲歩したとの見方が有力だ。

(シリコンバレー=村山恵一)

------------------

参考文献: NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20071006AT2M0600E06102007.html

[PR]
by besttseb99 | 2007-10-07 01:22 | Memo
奨学金
以下、引用-------

東大、博士課程の授業料「ゼロ」・頭脳流出歯止め狙う
 東京大学は来年度から、大学院博士課程に在籍する学生(約6000人)の授業料負担を実質ゼロにする方針を固めた。国立大では初の試みで、財源に約10億円を充てる。欧米や中国の一流大との“頭脳獲得競争”が激化する中、国内外の優秀な学生を招くには奨学制度の抜本的な充実が不可欠と判断した。

 東大によると、博士課程の授業料は年52万800円。在籍する約6000人のうち約3500人はすでに各種の奨学金や研究奨励金を得ており、残る約2500人から休学者を除いた約1700人の支援財源として約10億円を経費節減などで工面。1人当たりの支給額は約58万円で、授業料を賄える計算だ。


親の年収400万円未満なら授業料タダ・東大、免除枠広く
 東京大学は家庭に経済的余裕がない学部生に対する授業料の免除枠を来年度から広げる。家庭の年収、構成人数などを総合的に判断して免除の可否を決めている現行制度を簡素化、年収が400万円未満なら一律に授業料全額を免除する方式に改める。国立大では初の試み。

 東大の学部の授業料は年53万5800円。いまは授業料が免除されるのは世帯の年収から特別控除額を引いた金額が基準額以下で、特別控除額や基準額は家族構成などによって異なる。例えば「4人家族、弟が公立高校生、自宅外通学」なら年収310万円以下の場合に全額免除が認められる

------------------

参考文献: NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070929AT1G2805M29092007.html

[PR]
by besttseb99 | 2007-10-07 01:19 | Memo