<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
【zoome】20090830 G_V_G【Movie】
【zoome】20090830 G_V_G 序盤~中盤  攻め+ プチ防衛

【zoome】20090830 G_V_G 終盤~ラスト 防衛

【zoome】俺っちの #### の被ダメっぷり 1:50-1:55 うひょ〜〜 痛そう^w^【CEN チェイサ視点】

--------------------------------------------------
8月最後でキリが良いので残っていたワンデーを使って課金.

そこにはいつもと変わらない仲間と世界がありました。何か嬉しかった003.gif058.gif003.gif

2009年も 後4ヶ月. 学生生活は残り6ヶ月003.gif071.gif003.gif

次回課金は11月の下旬あたりかな029.gif071.gif029.gif
[PR]
by besttseb99 | 2009-08-30 23:12 | Problem Solving
【RO】20090830 memo 未完成 【装備】
【武器】
+5オークアーチャーの弓
+4ドラゴンウィング
+5ダブルギガンティック角弓
+5ダブルボーンド角弓
+5ダブルタイタン角弓
+7クワドロプルマリシャスコンポジットボウ
+7クワドロプルハロウドコンポジットボウ
+7クワドロプルディスアームコンポジットボウ
骸骨の杖

【頭】
ウルキャップ
+5亡者のヘアバンド
名射手のりんご
ミストレスの王冠
たれ猫(桃)
船長の帽子
+4エリュダイトビレタ

【中下段】
望遠鏡
オーディンマスク
デモ用のマスク×2

【盾】
ヘビーガード
+4タラニアルガード


【鎧】
+4フォーマルオブエスケープ
+5スキルフルタイツ
イービルタイツ
タイツオブワイルドキャット
+4アクアロングコート
+4アンフローズンロングコート
スナイピングオブワイルドキャット
イービルメントル

【靴】
シューズオブヘルメス
ソールエンチャドシューズ
グリーンシューズ
シューズオブウィッチ

【肩】
フレームガードマフラー
モッキングマフラー
+4イミューンマフラ
ボロまんと

【アクセ】
弓用の指貫 ×2
テレポナイルローズ×2
グローブ×2
s1グローブ×3
イカロスの羽
名射手のスカーフ
呪われた幸運の女神のブローチ
ロザリー×2
[PR]
by besttseb99 | 2009-08-30 19:48 | Online Game
HIGH G.K LOW GReeeen COOL!!!!
d0114368_0595062.jpg


Wow uh yeah
しがらみからの日々を解除 グヮン×2 と揺らすこの会場
Wow uh yeah
乗ってけガンガン音揺らして踊ってけバンバン手叩いて
Wow ハジケロー


マジで辛い様な顔してんぢゃねぇ
ほら太陽浴びて 空へ手を広げて笑って003.gif058.gif003.gif
自然と最高 映る瞳の中に暗い顔なんて ほらね もう映ってないから

この音が流れ出したときに 子供の頃を描いたように
心の錆び付いたトコ溶かし 可笑しい位 笑える (^ ^)
ツライ日々を描いてくその力が 共に行き抜くための糧と成り
同じしがらみを歩む人よ 隣にいるからさぁ手伸ばせよ
071.gif

Reference
http://www.youtube.com/watch?v=VU3Wh5z05co

[PR]
by besttseb99 | 2009-08-23 01:00 | Music
心 言葉
以下、引用---------------------------
自分が入社当時に先輩から言われたのをメモして、今も心に残っている言葉がいくつかあるが、改めて記す。

* 「プロは相手を主語にして考え、アマチュアは自分を主語にして考える。」
* 「相手の感じる結果が全て」
* 「自分ならできると思えば、やればいい。ただそれだけ」
* 「優秀な人はどんな環境でも成長し、ダメな人はどんな環境でも成長しない。」
* 「ビジネスマンは商人。笑顔、あいさつ、感謝」
* 「スピードが一番大事。スピードが無いと仕事がもらえない」
* 「環境を変えるのは自分」
* 「仕事の責任は自分」
* 「自分から仕事をもらう」
* 「理不尽を感じること」
* 「愚痴は聞いても、まだ文句は聞かない」
* 「プラスマイナスを考えずに仕事をする」
* 「自信>プライド」
* 「これからは自分で能力を伸ばす」

--------------------------------------

Reference
http://d.hatena.ne.jp/s01010ta/20080511/p1

[PR]
by besttseb99 | 2009-08-22 17:11 | Life
人は適応する
以下、引用------------------------------------------------------------------
人間というのは
おもしろくて、チョイスが 2 つありますと、いわゆる A 派と B 派と中間派と必ず
3 つに分かれる。チョイスがあるといつまでも議論しています。チョイスがひとつ
だということになると、すぐ適応します。

したがって、経営者の立場から見たら大事なことにはチョイスを残してはいけな
い、ひとつしか。プライオリティの低いことに関してはチョイスをいっぱい残して、
あの人は話が分かるとか言われているほうがいいと思います。絶対に大事なこと
にはひとつしかチョイスを残してはいけないと思います。

何度も言いますが、人は学びます。たとえば企画書を作っている時に 100 点の企
画書を作るのだったら、60 点で実行に移してみんなで学んだほうが結果は良い。
みんなが学ぶ。ただし一人ずつが学ぶことは少ないですから、それを集積して活用
するシステムが必要。格好良く言えばナレッジマネジメントの世界でしょうが、そ
ういった世界を作っていくことが必要ではないかと思います。

ただし、人は学びますが、知識を得てやってみて習慣化して初めて自分のもの
になる。時間がかかります。ですから、人間がこのプロセスを動いている間を蹴飛
ばすと破壊することになります。人間のスピードだけは上がらないという前提で物
事を考えたほうがいいのではないかと思います。

3 人寄れば文殊の知恵というのは、まさにその通りだと思います。人の知恵をい
かに自分の中に持ってこられるかということは、いかに自分をオープンにできるか
ということです。ですから経営もそうだと思います。社員に対しても世の中に対
してもオープンにすればするほど、いろいろな人がいろいろなことを言ってくれ
ます。もちろん肯定的なことも否定的なことも両方ありますが、その分だけ逆に
言いますと、また自分が勉強できるのではないかと思っています。クローズより
はオープンのほうがはるかに真面目になるのではないかな、良い結果になるので
はないかと思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

Reference
http://www.qm-gijuku.jp/

[PR]
by besttseb99 | 2009-08-22 16:00 | Life
Smile Tears
d0114368_1534533.jpg


d0114368_1521319.jpg



http://www.youtube.com/watch?v=xLv-SNX4EMw
[PR]
by besttseb99 | 2009-08-21 15:03 | Life
世代を超えた共通認識
先日、教授と先輩で飲みに。。

経緯は忘れたけど、太陽光発電からエネルギーの話になり、

太陽エネルギーを利用して宇宙空間へ物を運搬する怪しい話になりー

そのエネルギーの軌道が少しでも運搬空間からずれると 天のいかずち が降り注ぐ

大災害になるんだよと。

「先生、天のいかずちって。。。」

「宮崎さんの ラピュタ だよ」

一同大爆笑。 先生はもう60歳を超えているハズだが。。。

この世代を超えた共通認識は凄い!
003.gif071.gif003.gif071.gif
[PR]
by besttseb99 | 2009-08-13 00:11 | Life
『会社の名前ではなく、自分の名前で仕事する』
以下、引用--------------------------------------


†『会社の名前ではなく、自分の名前で仕事する』

ということになるのではないでしょうか。

信頼を得ていれば、コンサルティング会社に所属していなくても、仕事を
得る事ができるでしょう。仕事を得るもとは、クライアント企業からだけでは
なく、元いたコンサルティング会社だったり、元いたコンサルティング会社で
一緒に働いていた人ということもあります。

ここまでの信頼を得ているということはコンサルタントとしての評価が
高いということです。

それには
 ・しっかりとした成果をだすこと、
 ・密なコミュニケーションがとれていること、
この両輪がそろっていないと高くなりません。

つまり、コンサルタントとしての信頼を得、独立してもどこからか、
なにかの仕事を得る=自分の名前で仕事をする、ということなのです。

私にしかできない仕事はない、という意見もあります。コンサルの仕事は
他の人でもできると思います。
私にしかできない仕事というのは組織では幻想
しかし、クライアントから、自分に信頼をおいてもらうということは、
コンサルティング会社に信頼を置くという行為以上で、他の人がその位置に
変われないという価値のある立場だと思います。

†優秀なコンサルは解決策や具体的な戦略は提案しない

 ある有名な大手戦略系コンサルタント(IBCSではありません)のプリンシパルと飲んだ。

 大手の製造業では有名な方なのだが、一つ驚かされたのが「優秀なコンサルは解決策や具体的な戦略は提案しない」という言葉だ。もちろん、依頼内容の分野にもよるのが、基本は「何も提案しない」のだそうだ。

 彼に出会う前(10年ほど前)の私のコンサルに対する一般的なイメージは、失礼ながら、

・分厚い分析資料を持ってくるが、中身は巷にある情報の寄せ集めで価値がない

・実現性の低い施策を提案

・そのコンサルタントにとって利益になる製品(例えばIT)や取引先(例えばSI会社)に誘導

・プレゼンテーションが上手であるが、はったりが多い

・一般的に良いといわれている戦略や考えを否定して、新しい視点での考えを提供する気づきを与えてくれるというパターンが多いが、絵に描いた餅であることが多い

だったが彼と出会ってからコンサルタントの認識が大きく変わった。

 その彼が、「提案、提言はしない」と言うのである。 それではコンサルの意味がないではないかと聞くと(飲んだ席での話なので、正確に書けないが)

・結局、経営者層はコンサルからの提案を受け入れない(表面上受け入れても)

・経営者層がその経験による考え、信念を変えなくてはならない提案になることが多いが、経営者層は、それまで培われてきた成功体験、興味の分野、経営理念などとの食い違いから受け入れない

・提案を受け入れる場合もあるが中途半端にしか実践しない

・それらの経営理念などからの経営者層の判断、感性は、実際には正しいことも多い

・もちろん、経営者層の能力不足から受け入れられなかったり、中途半端にしか実践しないこともある。 結局は成功するかどうかは、経営者層の能力、感性、信念や現場の工夫にかかっている

・提案の論理的な正しさは、必ずしも現実の世界で成功につながるとは限らない

・自分で考えたもの以外は信念を持って実践しない。 関係する社員の工夫と情熱がないところに成功はない。

だから、コンサルとして最も重要なのは(コンサルタント会社や人によりスタイルが異なるが)、

「コンサルの対象となる事業やビジネスエリア(会社全体の場合もある)に関して、正確で、客観的な情報を整理(戦略立案する人にわかりやすい形)し、目を開かせ、クライアント(コンサル対象の企業)自身が情熱を傾けられるような戦略や新商品や事業アイディアを自ら創造し意思決定できる場をファシリテートする」ことだそうだ。

 最初の客観的な情報の整理、提供以外にコンサル側で必ずやらなくてはならないものとして、「客観的な数字によるビジネスプラン(収益、投資、リソース計画など)の作成」がある。

 「商品や事業の思い入れ、希望的観測、リスク回避の感情を排除した」客観的な数字で収益のForecastを立てたり、投資に必要な金額を算出することが苦手な場合が多いのでここは必ずコンサルとして行う必要がある。思い入れや希望的観測はビジネスプランを駄目にする。

 お客様は商品や事業への思い入れや、失敗したときに自分にふりかかってくるやっかいごとへのリスクを回避するために「もっと売れるはずだ(こんなに売れないはずだ)」と言ってきたり、プロジェクトリーダーから「ここの数字がこの程度だと、このプロジェクトがなりたたないので、これぐらいにして欲しい(あるいは、この数字は感覚的に小さすぎる)」とか逆に「こんなに売れるという結果だと売上予算(Target)が大きくなるので小さくして欲しい」という話が出てくるが、コンサルとしては、客観的な数字と、論理的な手法での結果のみを資料として提出する。

 また、コンサルにとって、文書化能力(表現力、スピード、整理手法)とプレゼンテーション(コミュニケーション)能力は重要だそうだ。 「どんな素晴らしい分析も、納期に間に合わなかったり、相手が理解できなければ意味が無い」からである。 理解できない相手が悪いのではない。

 自分(事業)の置かれている状況を理解させ、自発的に腑に落ちる施策を作らせ、思い入れがあるからこそ出来ない部分を請け負うという考えを聞いて、コンサルタントと言われる人の役割の一部が理解できた気づきの時間となった。

------------------------------------------------

Reference
† http://www.consultantnavi.com/archives/50372934.html
† http://blogs.itmedia.co.jp/kenjiro/2007/07/post_78d6.html

[PR]
by besttseb99 | 2009-08-12 13:46 | Business
【interval - efficiency】think about efficient interval in lunch time. ^^;,
以下、引用--------------------------
効率を高める休憩の取り方
2009/01/28(水)
勉強や仕事がなにかと忙しくなる時期ですが、有限な時間がもったいないとばかりに、休みもとらずにひたすら仕事や勉強を続けることは、かえってその効率を低下させてしまう要因になっているといいます。休憩は、とりすぎても逆に仕事や勉強に復帰する際の時間的ロスをうんでしまいますし、とらなすぎても効率は下がってしまうというように非常に難しい”さじ加減”が求められます。

とかく言われるのは、人間の集中力の持続時間が1時間弱であるということです。それにあわせて学校の時間割が編成されていることも多く、さらにその1時間のなかでも本当に集中できるのは数十分が限度とされることから、数十分から1時間を目安に休憩を入れるといいと思います。

その効率を高める休憩の方法について、産業技術研究所の中田亨さんと心理学ジャーナリストの佐々木正悟さんの話をもとに以下に紹介したいと思います。

■散歩する
・行き詰まったら机からいったん離れます。環境を変えて、発想を転換するきっかけを作りましょう。
 →机にかじりついていても新しい発想はうまれません。一度リセットしたほうがいいですね。

・利尿作用のある紅茶を仕事中にのみ、トイレに立って歩く回数をあえて増やします。
 →自分で時間を作るのが厳しいようなら、強制的に休まざるを得ない状況を作り出すことも大切です。

・散歩前に、考える内容のキーワードを紙に書いて、関係を表す矢印で簡単な図にします
 →この関係図を書くというのは書籍にもなっているくらい、ポピュラーなやり方です。


■予定に組み込む
・毎朝、1日の予定を立てる際に休憩時間もあらかじめ盛り込んでおきます。
 →予定を立てたら、あくまでそれを守ろうと努力しましょう。計画倒れでは休めなくなってしまいます。

・昼食時など休憩時間に先輩や同僚に自分の仕事を説明し、疑問点を挙げることで発想を広げます。
 →休憩時間くらい仕事から離れたいという人もいると思いますが、せっかく同じ場所にいるのですから、フランクに色々話してみるのもいいでしょう。

・複数の仕事は1つずつ片付けるより同時並行で行います。休憩を挟んでそれぞれ進めると生産性や完成度の向上が期待できます。
→産業技術研究所の中田亨さんは、この方法を「休憩またぎ法」と呼んでいます。一つの仕事に長時間悩むよりもいくつかの仕事や教科を時間を区切って行う方が気分転換にもなると思います。


■タイマーを使う
・1つの仕事は1時間以内に決め、1−2割を休憩に充てます。疲れすぎる前にこまめに休んだ方が集中力は持続するのです。
→上述のように、人間の集中力の限界に基づくものです。

・苦手な作業は時間を短く区切り集中します。例えば15分間作業をし、1分間休憩といったインターバルを繰り返すのもいいでしょう。
→苦手なものほど逃げたくなりますよね。短い時間だけがんばろうと自分を励ましながら進めることが大切です。

・単純作業は人目のある場所で時間を計るとはかどります。熟考が必要な作業は静かな場所で集中し、適宜休憩を入れます。
→周りから見られているという刺激によって、適度の緊張感が生まれ、それが効率化につながります。


会社の先輩は、昼休みになるとご飯も食べずに外に散歩に出かけています。本人に聞くと仕事でモヤモヤしていて整理がつかない案件が、散歩をしているとすっとスッキリ整理されるというのです。試しに自分も散歩をしに出かけてみると、本当に気持ちよく気分転換になるんですよね。効率があがったのかどうかは定量的に測れないのですが、それでもわからなくて悩んでいたものが外部環境によって解決されていくこともあるのです。

一生懸命何かに集中するときには、事前に心や脳に「空きスペース」がないといけません。休憩はその空きスペースを作ってあげる大切な作業なのかもしれませんね。

【参考】日経Plus1 1月24日

------------------------------------
大事なのは
・アウトプットが向上すること
・できない言い訳にしないこと
・時間と品質は相容れないものではなく並び立てるもの

Reference
http://penperon.blog100.fc2.com/blog-entry-1422.html
http://www.consultantnavi.com/archives/50388262.html

[PR]
by besttseb99 | 2009-08-12 13:04 | Study
考えながら走る
以下、引用---------------------------------------------------------------------
3割程度は考えて、残りの7割は「考えながら走る」という感じだ。闇夜の中で、自分の周囲3割ぐらいが見えた時点で、ゴールはこっちだと決めつけて走り始める。走っていくうちに道が見えてくれば、回り道をしながら修正に修正を重ねて、ゴールにたどりつく。最初に走り出した方向が全然違う方向であれば、相当な遠回りをしてしまうリスクを背負っているが、それでも走り出さないと何も見えないから、走り出す。
---------------------------------------------------------------------

某業界の方のHPから拝借。 んはぁあああああ。 たまんねぇ。 はやく働きてぇえええええ。

自分が成長してきた道を振り返ると そこには必ず 厳しい師や環境がある
それらが今の自分を作っていて、これからもそれらが自分を作ると信じ、そういう所へ突っ込んで行く
死ななければ何でもいい。自分がやりたい事を早く実現するために。

[PR]
by besttseb99 | 2009-08-08 21:00 | Life