「行」
「行」



gamana

行住坐臥の四威儀のうちの「行」(gamana, गम्मन)は歩くことである。
carita

菩薩の行願(修行と誓願)、行証(修行とその結果である証悟)、加行(けぎよう、準備的修行)、信行(信心と修行)、大行大信(名号の働きとしての称名と信心)、解行(理解と修行)、行学(実践と学問)などの「行」は実践(carita(चरित)、caryaa、pratipatti)であり、繰り返し身につけるという意味の修行(bhaavanaa、anuyoga)をいう。

仏道修行のことを「行道」という。この語は、仏を右廻りに三度めぐって散華・読経する儀式にも使う。三種行儀(尋常・別時・臨終)のような念仏行事の儀式を「行儀」という。
karman

「行」は行為・行動であるから業(ごう、karman(कर्मन्))と同義に使われ、身口意の行いを「行業」という。
saMskaara

更に、仏教教理の固有の術語として使われる「行」の原語に、saMskaara(सँस्कार;形成力、形成されているもの)あるいはsaMskRta(सँस्कृत;形成されたもの、有為)があり、本来、造作(つくること)と遷流(移り変ること)の二義があるという。
諸行無常

三法印の一つ諸行無常の「諸行」はこの語の複数形で、現象世界の生滅変化している全存在をいう。

十二支縁起の要素

1. 無明(むみょう、avidyaa) - 過去世の無始の煩悩。煩悩の根本が無明なので代表名とした。
2. 行(ぎょう、saMskaara) - 志向作用。
3. 識(しき、vijJaana) - 識別作用
4. 名色(みょうしき、nama-ruupa) - 物質現象(肉体)と精神現象(心)。
5. 六処(ろくしょ、SaD-aayatana) - 六つの感覚器官。
6. 触(そく、sparSa) - 六つの感覚器官に、それぞれの感受対象が触れること。
7. 受(じゅ、vedanaa) - 感受。
8. 愛(あい、TRSnaa) - 渇愛。
9. 取(しゅ、upaadaana) - 自分の求めるもののために馳求する位。
10. 有(う、bhava) - 存在。
11. 生(しょう、jaati) - 生まれること。
12. 老死(ろうし、jaraa-maraNa) - 老いと死。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Reference
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%9B%A0%E7%B8%81
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by besttseb99 | 2010-12-11 16:38 | Life
<< evanescence y ... 軸 >>