real
realと仮想世界,realと現実逃避.
realな問題に直面できるか。realに目を背けず挑み続けれるか。
今まではどうだったか。今、現在の自分はどうか。これからの自分はどうか。
最も単純で深い問題。
現実逃避のfactorを一つづつなくしていき、自分の全てをその何かに投資できるか。
たとえ失敗したり、挫折したとしても、その時に自分が納得できるか。

別の視点として、そのrealな問題に対してどう対処するか。
がむしゃらに取り組むか、計画的、経済的に取り組むか。効率の問題。

自分にとって何が、どの手法が最適か。
その問題を解決するのに何が必要か。自分には何がたりないか。

現在、僕は大学4年生だが、現実がじわじわと近づいてきている。友人が一流企業へ就職したり、内定をもらったり、大学院へ進んだり。

卒業研究と社会。自分の研究が社会にどう関わるのか。ある一つの研究室のある一つの研究テーマのある一つの研究内容としてその範囲で終わるのか、その枠にとらわれないものになるのか。

参考文献:若者はなぜ「会社選び」に失敗するのか 渡邊正裕
[PR]
by besttseb99 | 2007-04-26 10:59 | Life
<< 成果主義か年功序列か、規制業界... CAR 1 >>